行政書士の通信講座で空いてる時間を有効活用

専門的な職業

レディ

色々な場で活躍できる職業

話す、聞く、食べるなどの行為は、普段当たり前に行っていることです。しかし、加齢や病気、事故、生まれつきのものなど様々な原因によって、それらの行為が難しくなっている方は大勢いらっしゃいます。言語聴覚士は、そんな方のサポートをする仕事です。活躍できる場は幅広く、医療施設はもちろん、保健施設や福祉施設、教育機関でも求められています。言語聴覚士になるには、国家試験に合格し、資格を取得しなければなりません。受験資格は、高校卒業者の場合、文部科学大臣が指定する3〜4年制の大学、または短大を卒業するか、都道府県知事が指定する言語聴覚士養成所を卒業することで得られます。専門的な職業などで、学校で学ぶことが資格取得への近道です。

養成所でしっかり勉強

言語聴覚士資格の合格率は、約60%と、少し難しいように感じられます。しかしこの数字は、既卒者を含めた全体のものなので、養成学校の新卒者に限れば、約80%と高い合格率です。ですので、専門の学校で、きっちり勉強すれば決して難しい資格ではないと言えるでしょう。専門の学校では、医学的な知識や、患者に寄り添えるよう心理学や認知科学なども学ぶことができます。ことばや音声の仕組みについての授業もありますし、複合的な教育を受けることができます。資格を取得してすぐに働くのは不安なものです。そういった不安を払拭できるよう、授業の中には演習や実習もたくさん組み込まれています。専門の学校でしっかり学んだことは、働く上での自信に繋がります。